中央競馬&地方競馬の「達人予想」|無料で攻略しちゃいます!

中央競馬・地方競馬に使われる競馬場の各種データを集め競馬を攻略するサイト

阪神競馬場【駐車場】

阪神競馬場で行われるG1レースの紹介です。

阪神競馬場のコース別攻略法はこちらの記事↓
阪神競馬場の特徴)からどうぞ。

阪神競馬場で行われるその他のG1レースはこちらの記事↓
阪神競馬場で行われるG1レース)からどうぞ。

実際のレースに合わせた解説はこちらのメルマガがおすすめです。
競馬 全重賞レースを無料予想
管理人も登録していますが、期間限定なのでお早めに。

中山競馬場の駐車場事情

阪神競馬場にはJRAが管理する駐車場がありますが収容台数は103台と少なめ。他にも、収容台数620台程の立体駐車場や、民間の駐車場もありますが料金は高め。G1開催日の日などはJRA直営の駐車場は競馬場から近いため、朝6:30頃から並んでいるようです。周辺道路もかなり混むので車で行かれる方は早めに行かれることをお勧めします。

料金

JRA直営駐車場:
開催日2,000円
場外日1,000円

民間駐車場:
2,000円~

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局


阪神競馬場【開催日】

阪神競馬場で行われるG1レースの紹介です。

阪神競馬場のコース別攻略法はこちらの記事↓
阪神競馬場の特徴)からどうぞ。

阪神競馬場で行われるその他のG1レースはこちらの記事↓
阪神競馬場で行われるG1レース)からどうぞ。

実際のレースに合わせた解説はこちらのメルマガがおすすめです。
競馬 全重賞レースを無料予想
管理人も登録していますが、期間限定なのでお早めに。

阪神競馬場 重賞レース開催日2014年

阪神競馬場で開催される重賞レースは1年で23レース。G1の桜花賞が行われる競馬場だけあって桜の木がいたるところに植えられています。桜花賞が開催される時期は桜が咲き誇り、パドックでも桜の花びらが舞い散るほど。重賞レース以外の特別競走も1年で最大122レース行われます。

3月

  • 3/1(土) アーリントンC(G3)
  • 3/2(日) 阪急杯(G3)
  • 3/8(土) チューリップ賞(G3)
  • 3/15(土) 阪神スプリングJ(J・G2)
  • 3/16(日) フィリーズレビュー(G2)
  • 3/23(日) 阪神大賞典(G2)
  • 3/29(土) 毎日杯(G3)

4月

  • 4/6(日) 産経大阪杯(G2)
  • 4/12(土) 阪神牝馬S(G2)
  • 4/13(日) 桜花賞(G1)
  • 4/19(土) アンタレスS(G3)

6月

  • 6/7(土) 鳴尾記念(G3)
  • 6/15(日) マーメイドS(G3)
  • 6/29(日) 宝塚記念(G1)

9月

  • 9/14(日) セントウルS(G2)
  • 9/20(土) 阪神ジャンプS(J・G3)
  • 9/21(日) ローズS(G2)
  • 9/28(日) 神戸新聞杯(G2)

10月

  • 10/4(土) シリウスS(G3)

12月

  • 12/13(土) チャレンジC(G3)
  • 12/14(日) 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
  • 12/21(日) 朝日杯フューチュリティステークス(G1)
  • 12/27(土) 阪神C(G2)
▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局


中山競馬場【皐月賞】

中山競馬場で行われるG1レースの紹介です。

中山競馬場のコース別攻略法はこちらの記事↓
中山競馬場の特徴)からどうぞ。

中山競馬場で行われるその他のG1レースはこちらの記事↓
中山競馬場で行われるG1レース)からどうぞ。

実際のレースに合わせた解説はこちらのメルマガがおすすめです。
競馬 全重賞レースを無料予想
管理人も登録していますが、期間限定なのでお早めに。

皐月賞(さつきしょう)

実施予定日

4月中旬

距離

芝2,000メートル

レコード

1:58.0(第73回ロゴタイプ)

第一回施行年

1939年4月29日

出走条件(サラ系3歳以上)

JRA所属の牡馬・牝馬の競走馬(外国産馬含む)及び地方所属の牡馬・牝馬の競走馬(本競走への優先出走権を獲得した牝馬及びJRAのGI競走1着馬)及び外国調教馬の牡馬・牝馬(外国産馬と合わせて9頭まで)。

フルゲート

18頭での出走

まとめ

現在の中央競馬の八大競走の1競走で東京優駿(日本ダービー)・菊花賞とあわせて中央競馬の3歳牡馬の三冠競走を構成する。東京優駿は「最も運のある馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と称されるのに対し、皐月賞は三冠競走のなかで一番早い時期に行われ2000メートルという三冠競走の中で最も短い距離であることから「最もはやい馬が勝つ」と言われる。
過去4年間の皐月賞優勝馬はすべて、その後もGIを制している(ヴィクトワールピサ、オルフェーヴル、ゴールドシップ、ロゴタイプ)。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局