中央競馬&地方競馬の「達人予想」|無料で攻略しちゃいます!

中央競馬・地方競馬に使われる競馬場の各種データを集め競馬を攻略するサイト

中山競馬場の特徴

中山競馬場の特徴を紹介していこうと思う。
中山競馬場の概要はこちらの記事(中山競馬場の概要)からどうぞ。

↓↓特徴を読むのが面倒なアナタにはこちらの無料メルマガがオススメ↓↓
競馬の全重賞を無料予想
↑↑メールアドレスを登録すればよいだけなので簡単↑↑

特徴その1:小回りでタイトな中山競馬場

内回りは有馬記念・皐月賞が行われる非常にコンパクトで楕円をただ回る小回りなコース。
一方の外回りはスプリンターズステークス・朝日杯フューチュリティステークスなどが行われるいびつなおむすび型のコースになっている。

内回りの1周距離1,667.1メートル、直線距離310メートルは、4大競馬場の中ではもっとも短く、少しだけ大きいローカル競馬場、といった印象を受ける。

しかし、一番の特徴は高低差、である。JRA所有の10競馬場の中でも最大の数字、高低差5.3メートルである。5.3メートルといえば、2階建てのビルを上り下りしていることになる。これがローカル競馬場との差であり中山競馬場の特筆すべき特徴といえよう。

特徴その2:高低差5.3メートルの中山競馬場

ゴール起点にコース全体の起伏を確認してみると
ゴール地点から1コーナーにかけて上り勾配が続く
2コーナーの手前で最高地点を迎えたのち
内回り・外回りともにホームストレッチの半ばまで平坦部分をはさみつつ長い下り勾配になる
ゴール手前、いわゆる中山の急坂の上り勾配となる
この上りは残り180~70メートルで2.2メートルもの上りになっていて最大勾配2.24%で日本一である

起伏もさることながら、やはり高低差、そしてゴール手前の上り坂のことを考慮した予想が非常に重要になってくる。

特徴その3:ダート・障害も肝は高低差と起伏の中山競馬場

ダートコース自体もローカル競馬場より少し大きいサイズ感ではあるが、高低差が4.5メートルかつ芝コースと同様に中山の急坂が設けられているので、見た目よりはタフなコース概要になる。

障害コースにも同様なことがいえ、起伏に富んだ地形は障害予想の上では欠かせない要因となっている。また、設置されている障害物自体も大竹柵・大生垣など中山独特の障害が設置されいる。

中山競馬場のピンポイント天気予報

ヤフーの気象情報
中山競馬場の天気

中山競馬場コース別攻略法(G1G2・G3)

芝1,200メートル(スプリンターズステーク・オーシャンステークス・カペラステークス)

下り坂からのスタートなので、ハイペースになりやすい。
そのため逃げ・先行馬が80%近くの勝率を誇っている。

芝1,600メートル(朝日杯フューチュリティステークスニュージーランドトロフィ・フェアリーステークス・ダービー卿チャレンジトロフィー・京成杯オータムハンデキャップ)

カーブを常に回っている状態になるので、内側に付けられる逃げ・先行馬が有利。
稀ではあるが、逃げ・先行馬が多いと後続の差し・追い込み馬が楽に内側につけることができるので有利になることがある。

芝1,800メートル(中山記念スプリングステークス・フラワーカップ・中山牝馬ステークス)

非常にコーナーが多いので、逃げ・先行馬が有利。

芝2,000メートル(皐月賞弥生賞・中山金杯・京成杯)

スローペースになりがちで内枠有利。

芝2,200メートル(アメリカジョッキークラブカップセントライト記念オールカマー

下位クラスと上位クラスではスパートの展開が変わる。

芝2,500メートル(有馬記念日経賞

内枠有利。

芝3,600メートル(ステイヤーズステークス

先行できるかがカギ。

ダート1,200メートル(カペラステークス)

外枠は芝部分を走る距離が長いので、スピードにのりやすい。
基本外枠の逃げ・先行馬が有利。

ダート1,800メートル(マーチステークス)

万馬券の出現率が異様に高いコース。
人気薄の逃げ・先行馬は要注意。

 

競馬場の特徴をレースに活用するには?

ざっくりとした分析になってしまったが概ね過去ではこのような形。
もちろん、競馬場で行われるレースがすべて上記のような展開・結果になるわけではないが、概ねこの通りだと過去データが教えてくれている。
競馬において過去情報は非常に重要視すべきものである。
そこで、これらの特徴をもっと詳しく解説かつ開催レースの予想を行うこちらのメルマガが本当におすすめ。
競馬の全重賞レースを完全予想
意外と侮れない無料メルマガ、この機会に登録してみるのもよいだろう。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局

コメントエリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です