中央競馬&地方競馬の「達人予想」|無料で攻略しちゃいます!

中央競馬・地方競馬に使われる競馬場の各種データを集め競馬を攻略するサイト

阪神競馬場の特徴

阪神競馬場の特徴について解説していこうと思う。
阪神競馬場の概要はこちらの記事(阪神競馬場の概要)をどうぞ。

↓↓特徴を読むのが面倒なアナタにはこちらの無料メルマガがオススメ↓↓
競馬の全重賞を無料予想
↑↑メールアドレスを登録すればよいだけなので簡単↑↑

特徴その1:改装によって、真の実力が試される阪神競馬場に

2006年の改装以降、阪神競馬場のコースは一新され、日本屈指のスケールを誇る競馬場になった。

  • 芝内回りコースの1周距離1,689メートル
    芝外回りコースの1周距離2,089メートル

芝外回りの2,089メートルは右回りの競馬場の中では日本最長になった。
これにより、過去の阪神競馬場の諸問題は解決されることとなる。スパイラルカーブの導入など枠順が運頼みだった過去とは違う趣を持ったコース設計となっている。

障害コースは独特のものが設置されているわけではないが、非常に見応えのあるコース設計に生まれ変わっている。

また改装後は外回りコースの新設によって馬場の傷みのスピードが遅くなったことも見逃せないポイントである。

特徴その2:コース起伏にも要注意の阪神競馬場

まず、阪神名物の上り坂がキーになる。
芝内回りコースでは残り800メートル地点、外回りコースでは残り600メートル地点から直線半ばにかけての緩やかな下り勾配の後に待っているのが、この上り坂である。坂自体の高低差1.8メートルだが、勾配1.5%という坂で、これは中山競馬場の急坂(勾配2.03%)にも匹敵するものである。
ゴール前の難関といったところである。

この坂の存在により、騎手の駆け引き、ペース配分に充分に注意する必要がある。

阪神競馬場のピンポイント天気

ヤフー天気情報
阪神競馬場の天気

阪神競馬場コース別攻略法(G1G2・G3)

 芝1,200メートル(セントウルステークス

内枠有利。

芝1,400メートル(フィリーズレビュー阪神牝馬ステークス阪神カップ・阪急杯)

速いペースになりやすく。逃げ・先行有利。

芝1,600メートル(桜花賞阪神ジュベナイルフィリーズ・アーリントンカップ・チューリップ賞)

工事によって新設されたコース。
下位では逃げ・先行有利。上位では差し・追い込み有利

芝1,800メートル(ローズステークス・毎日杯・アンタレスステークス)

枠順の有利不利はない。スローペースになりがち。

芝2,000メートル(大阪杯・マーメイドステークス・鳴尾記念・ラジオNIKKEI杯2歳ステークス)

内枠有利。スローペースになりがち。

芝2,200メートル(宝塚記念

逃げ・先行馬が有利。

芝2,400メートル(神戸新聞杯

基本スローペースになりがち。

芝3,000メートル(阪神大賞典

先行有利。

ダート1,200メートル

先行有利。

ダート1,400メートル

芝ポケットからのスタートのため時計は早い。
基本先行馬が有利。

ダート1,800メートル(ジャパンダートカップ

逃げ・先行有利。

ダート2,000メートル(シリウスステークス)

先行有利。

阪神競馬場の特徴をレースに活用するには?

もちろん、阪神競馬場で行われるレースがすべて上記のような展開・結果になるわけではないが、概ねこの通りだと過去データが教えてくれている。
競馬において過去情報は非常に重要視すべきものである。
そこで、これらの特徴をもっと詳しく解説かつ開催レースの予想を行うこちらのメルマガが本当におすすめ。
競馬の全重賞レースを完全予想
意外と侮れない無料メルマガ、この機会に登録してみるのもよいだろう。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局


中京競馬場の特徴

中京競馬場の特徴について紹介していこうと思う。
中京競馬場の概要はこちらの記事(中京競馬場の概要)からどうぞ。

特徴その1:西日本随一のコースへ見直した中京競馬場

2010年から2011年までの全面大工事を経て距離設定が大幅に見直された。
駐車場として利用されていた3~4コーナーの奥の敷地をコースに拡張。これにより

  • 芝コースの全長は1,600メートル→1,705.9メートル
  • ホームストレッチは313.8メートル→412.5メートル
  • 勾配2%の急坂を設置

ほぼ平坦で小回りだったイメージから西日本随一のタフなコース設計となっている。
ホームストレッチは京都競馬場を上回り、勾配も中山に次ぐものとなっており、新しい予想で対応していかなくてはならない。

特徴その2:勾配と起伏が絶妙な按配の中京競馬場

起伏構成は以下の通り。
ゴール地点から続く上り勾配
向正面の半ばあたりで下り勾配へ
直線の入り口からは、急坂が設置されている(高低差約2メートル)
馬の姿が隠れる程の急坂が終わってゴールまで200メートル

非常にタフさが要求されるコース設計となっている。

新コースのこれらの特徴は実際にレースでも話題になっている。
求められているのは息の長い末脚の能力をもった競走馬である。

特徴その3:天気との兼ね合いが重要視される中京競馬場

大幅改装後のデータが少ない上に気候条件が変化する夏以降は、ダートに特に注意を払わなくてはならない。基本的にオープニングの開催での傾向が順当と考えられている。

中京競馬場のピンポイントお天気

ヤフー天気情報
中京競馬場の天気

中京競馬場コース別攻略法(G1G2・G3)

芝1,200メートル(高松宮記念・CBC賞)

外枠有利。
3~4コーナでの馬群膨らみからか差し馬の健闘が目立つ。

芝1,600メートル(中京記念)

外枠不利。
逃げ馬有利と考えられている。

芝2,000メートル(金鯱賞・中日新聞杯・愛知杯)

内枠有利。
しかし、ゴール手前の急坂の存在が予想を困難なものにしている。

ダート1,000メートル

枠順の有利不利はない。
スタートで決められる内枠でないと厳しい。

ダート1,800メートル(東海ステークス

枠順の有利不利はないが、差しが決まりやすい。

ダート2,500メートル

長距離ダート戦だが、先行できる距離実績に注目。

 

中京競馬場の特徴をレースに活用するには?

もちろん、中京競馬場で行われるレースがすべて上記のような展開・結果になるわけではないが、概ねこの通りだと過去データが教えてくれている。
競馬において過去情報は非常に重要視すべきものである。
そこで、これらの特徴をもっと詳しく解説かつ開催レースの予想を行うこちらのメルマガが本当におすすめ。
競馬の全重賞レースを完全予想
意外と侮れない無料メルマガ、この機会に登録してみるのもよいだろう。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局