中央競馬&地方競馬の「達人予想」|無料で攻略しちゃいます!

中央競馬・地方競馬に使われる競馬場の各種データを集め競馬を攻略するサイト

名古屋競馬場の特徴

名古屋競馬場の特徴について解説していこうと思います。
名古屋競馬場の概要(アクセス・コースなど)に関してはこちらの記事(名古屋競馬場の概要)からどうぞ。

↓↓特徴を読むのが面倒なアナタにはこちらの無料メルマガがオススメ↓↓
競馬の全重賞を無料予想
↑↑メールアドレスを登録すればよいだけなので簡単↑↑

名古屋競馬場のコースの特徴

一周距離1,100メートル、直線距離194メートル、日本の競馬場で一番小さい。形状こそ普通だが、コーナーがきついので曲がる時にはスピードが落ちる。追い込み馬にとってはかなりつらいコース設計である。

名古屋競馬場のおすすめの買い方

小さいコースにカーブのキツさから、非常に特徴的な競馬場といえる。
乗り方にも有利不利が出やすいので、騎手の腕前を信じるのがよい。
所属騎手・厩舎も力の差が歴然としているので、配当が伸びないのが特徴。
結果、馬券を的中させるには絶対に抑えなければならない騎手・調教師のデータがたくさんある。

上位騎手陣がやはり手堅く強いのが印象的。同様に調教師でも角田調教師が圧倒して勝利しているので上位騎手陣と角田調教師の組み合わせの場合は要チェックである。

以上のことからも平均配当は非常に低く、あまり荒れないのが名古屋競馬場の一番の特徴といえる。

名古屋競馬場のピンポイント天気

ヤフーの気象情報
名古屋競馬場の天気

名古屋競馬場のコース別攻略法(主な重賞)

800メートル

枠順の有利不利はない。距離的にはやや、逃げ・先行馬が有利。

1,300メートル

枠順の有利不利はない。

1,400メートル(かきつばた記念)

枠順の有利不利はない。

1,600メートル

内枠有利。距離の長さから差し・追い込み馬にも勝機あり。

 

名古屋競馬場の特徴をレースに活用するには?

もちろん、名古屋競馬場で行われるレースがすべて上記のような展開・結果になるわけではないが、概ねこの通りだと過去データが教えてくれている。
競馬において過去情報は非常に重要視すべきものである。
今回はざっとした解説しか行っていないので、詳しく知りたい、もっと最新情報が知りたい、という方には、競馬場の特徴をもっと詳しく解説かつ開催レースの予想を行うこちらのメルマガが本当におすすめ。↓↓
競馬の全重賞レースを完全予想
意外と侮れない無料メルマガ、この機会に登録してみるのもよいだろう。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局


園田競馬場の特徴

園田競馬場の特徴について解説していこうと思います。
園田競馬場の概要(アクセス・コースなど)に関してはこちらの記事(園田競馬場の概要)からどうぞ。

↓↓特徴を読むのが面倒なアナタにはこちらの無料メルマガがオススメ↓↓
競馬の全重賞を無料予想
↑↑メールアドレスを登録すればよいだけなので簡単↑↑

園田競馬場のコースの特徴

全長1,051メートル、直線距離213メートルのたまご型の競馬場。小さめのサイズながらも、向正面から3コーナーにかけて上り勾配(高低差1.23メートル)があるので、騎手の判断が重要になってくる。

また、カーブのきつさ、内枠の砂の深さから外枠が優位に立ちやすい。関西圏で唯一の地方競馬場で、ナイターが期間中金曜日に実施されている。

園田競馬場のおすすめの買い方

コーナーの緩さから短距離戦でもしっかりと差し・追い込みが決まりやすい。
全体ペースの判断ができる騎手が信用できる。

騎手上位陣で勝率60%を超えている状況が続いている。そこに着目した予想の組み立てがポイントのひとつ。

騎手・調教師のコンビで考えると、田中騎手と田中道調教師の組み合わせが一番勝利数が多い。この親子の組み合わせで出走している場合は抑えておいて損はないポイント。逆に、当該厩舎からの出走でも息子が騎乗していない場合には見送ってもよい。

平均配当は意外と高く、競走馬の能力差もさほどないので予想が困難といえる競馬場である。

園田競馬場のピンポイント天気

ヤフーの気象情報
園田競馬場の天気

ナイター競馬

園田競馬場のナイター競馬はこちらの記事(園田競馬場【ナイター競馬】)で解説。

園田競馬場のコース別攻略法 (主な重賞)

820メートル

内枠の砂の深さから外枠有利。距離も短いので、逃げ・先行馬が有利。

1,230メートル

820メートルほぼ同様。

1,400メートル(兵庫ジュニアグランプリ)

外枠有利。

1,700メートル

馬の実力が問われる距離。特に有利不利はない。

園田競馬場の特徴をレースに活用するには?

もちろん、園田競馬場で行われるレースがすべて上記のような展開・結果になるわけではないが、概ねこの通りだと過去データが教えてくれている。
競馬において過去情報は非常に重要視すべきものである。
今回はざっとした解説しか行っていないので、詳しく知りたい、もっと最新情報が知りたい、という方には、競馬場の特徴をもっと詳しく解説かつ開催レースの予想を行うこちらのメルマガが本当におすすめ。↓↓
競馬の全重賞レースを完全予想
意外と侮れない無料メルマガ、この機会に登録してみるのもよいだろう。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局


姫路競馬場の特徴

競馬場の特徴について解説していこうと思います。
競馬場の概要(アクセス・コースなど)に関してはこちらの記事(姫路競馬場の概要)からどうぞ。

 

↓↓特徴を読むのが面倒なアナタにはこちらの無料メルマガがオススメ↓↓
競馬の全重賞を無料予想
↑↑メールアドレスを登録すればよいだけなので簡単↑↑

姫路競馬場のコースの特徴

一周距離・直線距離ともに非常に一般的なサイズ。
園田競馬場と地理的関係のため競走馬が行き来している。しかし、園田競馬場に比べると開催日数が圧倒的に少ない。

姫路競馬場のおすすめの買い方

開催日数自体が非常に少ないので過去データが取りにくいが、基本的には園田競馬場とほぼ同じ状況であること認識すべきである。

園田競馬場で好走したのかどうなのかが、重要なポイントになってくる。しかし、両競馬場は砂の質・砂厚が違うので適性の判断のための情報をどれだけ集められるかが予想をする上で必要になことだといえる。

上記の理由から平均配当が高く、人気がそのまま着順になることは少ないので高い回収率を目指すならばよい競馬場であるといえる。

姫路競馬場のピンポイント天気

ヤフーの気象情報
姫路競馬場の天気

姫路競馬場コース別攻略法(主な重賞)

800メートル

逃げ・先行馬が有利。

1,400メートル(姫路チャレンジカップ)

外枠の馬は軽い砂を走るので有利。

1,500メートル

1,400メートルと同様。外枠逃げ・先行馬に注目

姫路競馬場の特徴をレースに活用するには?

もちろん、姫路競馬場で行われるレースがすべて上記のような展開・結果になるわけではないが、概ねこの通りだと過去データが教えてくれている。
競馬において過去情報は非常に重要視すべきものである。
そこで、これらの特徴をもっと詳しく解説かつ開催レースの予想を行うこちらのメルマガが本当におすすめ。
競馬の全重賞レースを完全予想
意外と侮れない無料メルマガ、この機会に登録してみるのもよいだろう。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局