中央競馬&地方競馬の「達人予想」|無料で攻略しちゃいます!

中央競馬・地方競馬に使われる競馬場の各種データを集め競馬を攻略するサイト

船橋競馬場の特徴

船橋競馬場の特徴について解説していこうと思います。
船橋競馬場の概要(アクセス・コースなど)に関してはこちらの記事(船橋競馬場の概要)からどうぞ。

↓↓特徴を読むのが面倒なアナタにはこちらの無料メルマガがオススメ↓↓
競馬の全重賞を無料予想
↑↑メールアドレスを登録すればよいだけなので簡単↑↑

船橋競馬場の特徴

場内にオートレース用のコースが併設されていたこともある非常に珍しい競馬場。ここでは日本初のオートレースが開催されるなど、意外と伝統のある競馬場。中山競馬場が同じ市内にあるため、ナイターはできないので薄暮競馬を行っている。

また、大井・川崎・浦和とともに南関東競馬を構成している。

船橋競馬場のおすすめの買い方

スタミナとスピードの両方が必要となるレースで、馬本来の実力通りの結果がでやすい。
スパイラルカーブでスピードを落とさずにコーナーを曲がっていくので3コーナーでどれだけの馬が仕掛けるのか、の見極めがポイントとなる。

南関東競馬に属している船橋競馬場なので出走してくる馬の過去データ、能力の情報収集が非常に重要

船橋競馬場のピンポイント天気

ヤフーの気象情報
船橋競馬場の天気

船橋競馬場のコース別攻略法

1,000メートル

逃げ・先行馬が有利。

1,200メートル

内枠有利。

1,400メートル

逃げ・先行馬が有利。

1,500メートル

内枠有利。差し・追い込み馬の台頭がある。

1,600メートル

枠順による有利不利がない。

1,700メートル

枠順による有利不利はない。

1,800メートル

枠順による有利不利はない。

2,000メートル

内枠有利。スローペースにあんりがちなので、差し・追い込み馬が有利。

2,400メートル

枠順による有利不利はない。スタミナがどこまでもつかがポイント。

船橋競馬場の特徴をレースに活用するには?

もちろん、船橋競馬場で行われるレースがすべて上記のような展開・結果になるわけではないが、概ねこの通りだと過去データが教えてくれている。
競馬において過去情報は非常に重要視すべきものである。
今回はざっとした解説しか行っていないので、詳しく知りたい、もっと最新情報が知りたい、という方には、競馬場の特徴をもっと詳しく解説かつ開催レースの予想を行うこちらのメルマガが本当におすすめ。↓↓
競馬の全重賞レースを完全予想
意外と侮れない無料メルマガ、この機会に登録してみるのもよいだろう。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局


大井競馬場の特徴

大井競馬場の特徴について解説していこうと思います。
大井競馬場の概要(アクセス・コースなど)に関してはこちらの記事(大井競馬場の概要)からどうぞ。

↓↓特徴を読むのが面倒なアナタにはこちらの無料メルマガがオススメ↓↓
競馬の全重賞を無料予想
↑↑メールアドレスを登録すればよいだけなので簡単↑↑

大井競馬場の特徴

東京シティ競馬とよばれ親しまれている、地方競馬最大級の競馬場。
ナイター競走の実施や会員カードの発行など斬新な取り組みが行われている。

川崎・浦和・船橋とともに南関東競馬の構成競馬場のひとつ。

大井競馬場のおすすめの買い方

少し前までは内枠有利が通説だったが、最近ではその傾向はなくなり、外枠だとしても不利とは考えられていない。しかし、1,400メートルのスタート地点は非常に特殊なので、この距離のレースだけは内枠が有利の傾向がある。

枠順による有利不利がなくなったといっても過言ではないので、馬本来持っている能力に関する情報、血統や厩舎などの情報が必須と考えられる。

大井競馬場のピンポイント天気

ヤフーの気象情報
大井競馬場の天気

ナイター競馬

大井競馬場のナイター競馬はこちらの記事(大井競馬場【ナイター競馬】)で解説。

大井競馬場のコース別攻略

1,000メートル

やや内枠有利。

1,200メートル

枠順による有利不利はない。ただ、距離的に逃げ・先行馬が有利。

1,400メートル

内枠有利。

1,600メートル

逃げ・先行馬が有利。

1,700メートル

外回りかつ直線も長いので差し・追い込み馬が有利。

1,800メートル

内回りのため逃げ・先行馬が有利。

2,000メートル

逃げ・先行馬が有利。

2,400メートル

内枠有利。

2,600メートル

やや内枠が有利。

大井競馬場の特徴をレースに活用するには?

もちろん、大井競馬場で行われるレースがすべて上記のような展開・結果になるわけではないが、概ねこの通りだと過去データが教えてくれている。
競馬において過去情報は非常に重要視すべきものである。
今回はざっとした解説しか行っていないので、詳しく知りたい、もっと最新情報が知りたい、という方には、競馬場の特徴をもっと詳しく解説かつ開催レースの予想を行うこちらのメルマガが本当におすすめ。↓↓
競馬の全重賞レースを完全予想
意外と侮れない無料メルマガ、この機会に登録してみるのもよいだろう。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局


川崎競馬場の特徴

川崎競馬場の特徴について解説していこうと思います。
川崎競馬場の概要(アクセス・コースなど)に関してはこちらの記事(川崎競馬場の概要)からどうぞ。

↓↓特徴を読むのが面倒なアナタにはこちらの無料メルマガがオススメ↓↓
競馬の全重賞を無料予想
↑↑メールアドレスを登録すればよいだけなので簡単↑↑

川崎競馬場の特徴

一周距離1,200メートル、直線距離300メートルは、日本の競馬場の中で最小の大きさの競馬場。
大井競馬場ど同様にナイター競馬(カワサキ・スパーキングナイター)が競馬ファンの間で非常に好評で、夏の風物詩となっている。

大型ビジョン(川崎ドリームビジョン)の設置や入場の度にポイントがたまるカツマルくんカードの導入など、競馬普及への貢献度がかなり高い。また、南関東競馬場のひとつで浦和・大井・船橋からの出走も多い。

川崎競馬場のおすすめの買い方

川崎競馬場は主に1,500メートルと1,600メートルの距離で開催されることが多く、スタートから1コーナーまでの距離が充分にあるので枠順は関係なく逃げ・先行馬がそのまま逃げ切るケースが多い。しかし、距離によってはコーナーを回る器用さや能力など、しっかりとした情報収集が必要になってくる。

川崎競馬場のピンポイント天気

ヤフーの気象情報
川崎競馬場の天気

ナイター競馬

川崎競馬場のナイター競馬はこちらの記事(川崎競馬場【ナイター競馬】)で解説。

川崎競馬場のコース別攻略法

900メートル

内枠有利。

1,400メートル

外枠がかなりの不利。逃げ・先行馬が有利なコース設計。

1,500

枠順による有利不利はない。

1,600メートル

逃げ・先行馬が有利なコース。

2,000メートル

コーナー回数が多いので器用な馬が強い。

2,100メートル

コーナー回数の関係上騎手の判断が重要。

川崎競馬場の特徴をレースに活用するには?

もちろん、川崎競馬場で行われるレースがすべて上記のような展開・結果になるわけではないが、概ねこの通りだと過去データが教えてくれている。
競馬において過去情報は非常に重要視すべきものである。
今回はざっとした解説しか行っていないので、詳しく知りたい、もっと最新情報が知りたい、という方には、競馬場の特徴をもっと詳しく解説かつ開催レースの予想を行うこちらのメルマガが本当におすすめ。↓↓
競馬の全重賞レースを完全予想
意外と侮れない無料メルマガ、この機会に登録してみるのもよいだろう。

▼ おすすめの競馬予想情報 ▼

競馬予想情報局