【スプリングS 予想】ハービンジャー産駒の出世頭ベルーフが来る?! | 競馬予想サイトの評判と評価|選ばれし優秀サイトを選出する「ウマセン」

競馬予想サイトの評判と評価|選ばれし優秀サイトを選出する「ウマセン」

競馬予想サイトを検証し、正しい評価のもと安心して利用できるサイトを紹介しております。

【スプリングS 予想】ハービンジャー産駒の出世頭ベルーフが来る?!

ベルーフ

 
3/22(日)は中山・芝1800mを舞台に皐月賞トライアル「スプリングS(GⅡ)」が開催されます。
枠順が確定しましたのでまずは枠順を見てみましょう。
 

スプリングSの枠順

馬番 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 キタサンブラック 牡3 56.0 北村宏司
2 2 マイネルシュバリエ 牡3 56.0 三浦皇成
3 3 ベルーフ 牡3 56.0 川田将雅
4 4 タケデンタイガー 牡3 56.0 津村明秀
5 5 ブラックバゴ 牡3 56.0 戸崎圭太
5 6 リアルスティール 牡3 56.0 福永祐一
6 7 ミュゼスルタン 牡3 56.0 柴田善臣
6 8 ダノンプラチナ 牡3 56.0 蛯名正義
7 10 ダノンメジャー 牡3 56.0 D.バルジュー
8 11 フォワードカフェ 牡3 56.0 田中勝春
8 12 ベストミックス 牡3 56.0 松田大作

 
今年のスプリングSは12頭と少頭数で、枠順での有利不利はあまり無いと思って良いでしょう。

注目のカードはやはりディープインパクト産駒の2頭、リアルスティールダノンプラチナでしょう。

リアルスティールは前走の共同通信杯(GⅢ)で見事なまでのレースセンスを見せつけました。今回初の中山での出走となりますが、器用な中山コースとなるスプリングSは合うかもしれませんね。

ダノンプラチナは前走の朝日杯FSで格の違いを見せつけました。ブライトエンブレムとクラリティスカイをキレイに交わし、最期は流し気味でゴールし、余裕すら感じられました。たった4戦目にしてGⅠという大舞台にも関わらず、強豪をねじ伏せました。今回メンバーは強化されますが、秘めているポテンシャルは相当なものです。

間違いなくこの2頭はクラシック路線で今後活躍が期待される馬です。

さて、筆者が2頭以外で注目しているのは前走京成杯(GⅢ)を制したベルーフ
調教では馬場に入らず駄々をこねるような事が起こり、気性面での問題が不安視されますが、能力は申し分ない馬です。距離短縮となりましが、前走に引き続き中山は2戦目となります。気性面の不安はこの馬以外もありますし、中山を経験していることも大きいでしょう。

ベルーフは皐月賞へ向けては賞金的にも足りています。わざわざ中山まで再度遠征をして、しかも距離短縮までしてくるのだから勝算あってのことでしょう。単なる叩き台なら若葉ステークスあたりで十分なはずです。
同じサンデーレーシングのリアルスティールは皐月賞を本番と考え、陣営はここはベルーフで賞金を稼ぎにきたか?と考えております。

となると注目のカードは「ディープインパクト産駒の2強対決!」ではなく、「ディープインパクト産駒V.S.ハービンジャー産駒!」となるわけですね。
確かに最強ディープインパクト産駒に対抗できるのは、気性面の問題がありながらも勝負根性は誰にも負けないハービンジャー産駒の出世頭ベルーフと考えてもおかしくありませんね。

ベルーフは2歳時のころの多少でたらめな走りが、前走ではかなりまともに走っており、成長面でも期待が出来る馬だと思います。成長面だけでは他の馬には負けますが、今までの戦績を見る限りこの馬の最大の武器は勝負根性であると思います。おそらく母レクレドールから受けた一面であると思われます。今までより一層強いメンバーと当たる今回は試金石になりますが、この馬の根性は中山の末比べに一番合うのではと考えております。

スプリングSの出走馬の最新情報や、3連単の買い目などは無料の競馬メールマガジン「3連単1点勝負」で読むことが出来ます。メールアドレスを登録(フリーメール可)すれば無料で購読いただけますので、気になる人は下記リンクよりご購読ください。

コメントエリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です